ブックメーカーで投資 正しい使い方

使い方

人気が急上昇中のギャンブルと言えばブックメーカーですが、これは間違った認識をしている人が多いです。基本的にブックメーカーを使った投資はスポーツ賭博となっています。しかし日本ではスポーツ賭博は禁止されていますが、イギリスのサービスなので違法にはならないです。

またブックメーカーの使い方についても間違った覚え方をしている人が結構います。日本の銀行から直接入金はできないです。よって海外の銀行口座を作らないといけません。これは簡単に作ることができるのです。一部日本の銀行からも利用できますが、その最高額な手数料が発生します。海外の銀行なら手数料も安くコスト削減になるため必ず作っておきましょう。

実際に投資を行う際、理解しておきたいのがボーナスです。これは初めて入金をしたときにもらう事ができるものであって、サービスによりもらえる金額は違っています。これには引き出し条件が設定されているため、条件を満たさないと出金できない仕組みです。例えば入金額とボーナス額の3倍の金額を用意しないといけない、1.50倍以下のオッズは条件にならないとあります。またボーナスは期間内に条件を達成できないとだめなので理解しておきましょう。

バスケットゴール

ブックメーカー投資 配当金

配当金

ブックメーカーを投資目的で利用する場合は、配当金に対して税が課されることがあるのに注意が必要です。ブックメーカーは一般的にはギャンブルの一種と解釈されているため、配当金にかかる税金は基本的には競馬や競輪などの公営ギャンブルにおける払戻金と同じ風に考えると良いです。

ブックメーカー

日本では法律によって、1月1日から12月31日までの1年間に得た収入から、それを得るために要した費用を差し引いた金額を所得とし、その一部を所得税や住民税などとして納める義務があります。ギャンブルの配当金は、10種類ある所得の種類のうち、一時所得に分類されます。実際に計算する際には、1年間に得た配当の総額を収入に、その配当を得た賭けでベットしたお金の総額を経費とし、収入から経費を差し引いて、さらに特別控除額50万円を差し引いて所得金額を計算します。

ただし、一時所得を計算するだけでは所得税や住民税の税額は決まりません。一時所得の計算は、税金を納めるための準備作業のうちのほんの一部であり、この後、給与所得や雑所得、不動産所得など、他の9種類の所得についても所得金額を計算した後、すべてを合算して所得控除を適用し、所定の税率を乗じて納税額を算出しなければなりません。

ブックメーカー投資の本で勉強する

スポーツに賭ける

ブックメーカー投資が世界で知られるようになったのは2008年頃からです。複数のブックメーカーを利用する手法が世界中で流行して日本でも知られるようになります。

ブックメーカーではスポーツの試合に賭けて遊ぶことができますが、賭けは賭けです。中にはコンスタントに利益を出している人もいて、投資と考えて賭けを続けているケースもあります。

日本ではブックメーカー投資の書籍が出版されて話題になっています。

もともとサッカーや競馬など様々なスポーツにお金を賭ける手法はヨーロッパでは広く親しまれてきたものです。最近はインターネットやスマートフォンが普及したことで、若い世代でも登録して参加する人が増えています。

データを集める

試合のデータを精査することで勝率を高めることが可能です。緻密な調査によって勝率を上げて予想が外れそうになったら賭けを止めて損失額を増やさない方法は、株やFXとの共通点があります。

ブックメーカーには様々な特徴がありますが、そのひとつが24時間365日利用できる点です。会社に勤めている人なら空いた時間を投資に有効活用することができます。株やFXはある程度の専門知識が必要になりますが、ブックメーカーの場合はスポーツが対象になるので自分の好きなスポーツで勝負することが可能です。

事前に勉強する必要がなく登録すればすぐに参加できる手軽さも魅力ですが、ネットや書籍で情報収集をしたほうがよいでしょう。

少ない額から始めることができ、すぐに結果が出ます。比較的短期間で増やすことが可能なのも人気が高い理由です。投資としてがんが得ているようならば、書籍を購入して、しっかりと勉強することをおすすめします。