ブックメーカーで投資 正しい使い方

使い方

人気が急上昇中のギャンブルと言えばブックメーカーですが、これは間違った認識をしている人が多いです。基本的にブックメーカーを使った投資はスポーツ賭博となっています。しかし日本ではスポーツ賭博は禁止されていますが、イギリスのサービスなので違法にはならないです。

またブックメーカーの使い方についても間違った覚え方をしている人が結構います。日本の銀行から直接入金はできないです。よって海外の銀行口座を作らないといけません。これは簡単に作ることができるのです。一部日本の銀行からも利用できますが、その最高額な手数料が発生します。海外の銀行なら手数料も安くコスト削減になるため必ず作っておきましょう。

実際に投資を行う際、理解しておきたいのがボーナスです。これは初めて入金をしたときにもらう事ができるものであって、サービスによりもらえる金額は違っています。これには引き出し条件が設定されているため、条件を満たさないと出金できない仕組みです。例えば入金額とボーナス額の3倍の金額を用意しないといけない、1.50倍以下のオッズは条件にならないとあります。またボーナスは期間内に条件を達成できないとだめなので理解しておきましょう。

バスケットゴール

ブックメーカー投資 配当金

配当金

ブックメーカーを投資目的で利用する場合は、配当金に対して税が課されることがあるのに注意が必要です。ブックメーカーは一般的にはギャンブルの一種と解釈されているため、配当金にかかる税金は基本的には競馬や競輪などの公営ギャンブルにおける払戻金と同じ風に考えると良いです。

ブックメーカー

日本では法律によって、1月1日から12月31日までの1年間に得た収入から、それを得るために要した費用を差し引いた金額を所得とし、その一部を所得税や住民税などとして納める義務があります。ギャンブルの配当金は、10種類ある所得の種類のうち、一時所得に分類されます。実際に計算する際には、1年間に得た配当の総額を収入に、その配当を得た賭けでベットしたお金の総額を経費とし、収入から経費を差し引いて、さらに特別控除額50万円を差し引いて所得金額を計算します。

ただし、一時所得を計算するだけでは所得税や住民税の税額は決まりません。一時所得の計算は、税金を納めるための準備作業のうちのほんの一部であり、この後、給与所得や雑所得、不動産所得など、他の9種類の所得についても所得金額を計算した後、すべてを合算して所得控除を適用し、所定の税率を乗じて納税額を算出しなければなりません。